入社3年目で
ビッグプロジェクトに抜擢。

マネージャー今泉 翔太2018年入社

  • ENTRY

社員インタビュー

仕事紹介

マネージャーは全てにおける中間地点。

 プロジェクト発足からの立ち上げメンバーとして、横浜市の行政施設の管理を担当しています。施設内では複数名のマネージャーがそれぞれの専門分野に合わせて業務を行なっており、私は清掃担当として、社内外の打ち合わせ、協力会社の方たちへの指導・指示だしを行います。他にテナント様の窓口担当や申請書類のチェックなども行っています。業務範囲が幅広いため、特に情報伝達の正確さには気を付けています。「マネージャーはお客様・会社・現場の全ての中間地点」という上司の教えを肝に銘じて、正しく聞き、正しく伝える力を日頃から意識するようにしています。先輩マネージャーたちが各々の専門性を十分に発揮できるようにサポートするのも、私の役割です。

仕事紹介

入社したきっかけ

安定と挑戦を両立しながら、将来を描ける会社

 建物が増えるときも増えないときも需要の減らない、人々が生活している限りなくならないビルメンテナンス業界の安定性には、学生時代から目を付けていました。その中でも当社に興味を持ったきっかけは地元に密着した企業であることと、説明会でお会いした人事の方の人柄です。私と近い年齢でありながら仕事への自信や誇りを感じさせるその方の話からは、参加している私の将来や理想までも描くことができました。その方の「マネージャーは経営者になったつもりで」という言葉を、最終選考で面接官だった役員もそっくりそのままおっしゃっていたのが、とても印象的で。会社として大切にしている考えや想いがしっかりと次の世代へと継承されている一貫性に惹かれ、入社を決めました。

仕事のやりがい

“当たり前”を超えて、”ありがとう”を頂くために。

 私の仕事の目的は「喜ばれる仕事をしたい」でしたが、配属当初、先輩から「ビルメンテナンスは感謝を求める仕事ではない」とキッパリ言われてしまいました。建物は照明や空調が動いていて、綺麗であって“当たり前”。それが欠けたときにお叱りを受けることはあれ、”あって当然”に人は感謝をしないのだと。ただ、担当物件を持ち業務を進めていくと、現実は少し違っていました。ご意見ご要望をしっかりとお伺いし、自分の頭でかみ砕いて考え、心を込めて伝える。それが結果に繋がり、”当たり前”を超えたとき、喜んで頂けることに気付いたんです。求めるのではなく、実直に目の前のことに向き合うことが大事だと、あの時の先輩の言葉の意味を理解しました。ハードルが高いからこそ、「ありがとう」が頂けた時の喜びは格別ですね。

入社したきっかけ

今後の目標は

組織に変化を与え、人々の喜びを引き出す仕組みを作りたい。

 ハリマビステムは歴史ある会社です。盤石な経営基盤があり、安定性抜群という魅力がある一方で、企業としては固い部分もちらほら。コロナ禍の影響で世の中の常識が大きく変わっていく昨今、業界の視点もまた変わりつつあります。清掃分野ではITによる教育やロボットの導入も進み、ヒトとIT技術の融合化を図っていく必要があります。その時代に即した提案を行い、社会の形に会社を適合させるのは、私のような若手の役目だと感じています。”古き良き”に世代の力を吹き込みたい。率先して組織に変化を与えられる存在となり、新しいルールや良い仕組みを作り、関わる全ての人々の喜びを引き出せるその日まで。今は日々勉強・日々精進です。

1日のスケジュール

1日のスケジュール
9:30

時差出勤制度を利用し、少し遅めの出社。地元横浜の馴染みのある路線での通勤は苦にならない。



9:45

管理グループのマネージャー同士で、前日の引継事項や当日の予定の確認。この管理グループの副責任者が、入社のきっかけとなった元人事担当。尊敬する先輩との打合せは毎度身が引き締まる。

10:00

午前中はメールのチェックとその対応がメイン。清掃部門以外にも建物内の各作業の管理も担当しており、外部業者やお客様からの問い合わせなど、対応内容は様々。


11:30

昼休憩は11:30から14:00の間で1時間。業務で人が出払っているときなどは昼食を取るのが遅くなることも。建物から海が近いので、景色を眺めるだけでもリラックスできるのは良いトコロ。

1日のスケジュール
14:00

午後は突発的な対応に当たることが多い。例えば、利用者の方がコーヒーをこぼしてしまったので綺麗にして欲しいなど。小さなものから大きなものまで、絶え間なく寄せられる依頼に優先順位をつけて対応する。

16:00

毎週定例のミーティング。職員の方と打ち合わせをしたり、外部業者との打ち合わせを行う。


18:15

定時。日によっては残業することもある。先輩にはもっと早く帰るように叱られるが、仕事を次の日に残したくない性分で、この日は残ったメールの返信だけ済ませておきたい。

20:00

退勤。帰宅後は趣味の読書や資格の試験にいそしむ。映画館でレイトショーを見て、余韻に浸りながら家路へ、なんてことも。